メインコンテンツへスキップ

結合と変換のためにファイルを開くために使用されるExcelワークブックのパスワードを管理する

Kutools for Excel

300 以上で Excel を強化
強力な機能

Excel では、他のユーザーがブックを開けないようにする場合、パスワードを設定して、他のユーザーがブックを開けないようにすることができます。 ただし、パスワードで保護されたワークブックを複数開く必要がある場合、パスワードを何度も入力するのは非常に面倒です。 組み合わせる, ファイル形式コンバータ またはその他の機能 Kutools for Excel。 ここに、 クツール 便利な補助ユーティリティを提供し、 パスワードマネージャ、ワークブックのパスワードの記録と編集をサポートし、ワークシートの結合またはその他のユーティリティを適用するときにパスワードを自動的に入力することで、これらのワークブックを直接開くのに役立ちます.

デモ:Kutools for Excelのパスワードマネージャーの使い方

Kutools Plus> Passwords Manage> PasswordManagerをクリックしてPasswordManagerを適用します。

1。 クリック クツールズプラス > パスワード管理 > パスワードマネージャ を有効にする パスワードマネージャ ダイアログ。

2.オープニングで パスワードマネージャ ダイアログボックスで、次のように構成してください。

2.1)をクリックします Add (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。 を表示する Kutools forExcel-追加 ダイアログ。 このダイアログでは、次のことを行う必要があります。
  • ラベル ボックスに説明を入力して、パスワードを再確認します。これにより、将来の管理が容易になります。
  • パスワード ボックスにパスワードを入力します (目のボタンをクリックすると、入力したパスワードが表示されます)。
  • の一方または両方を有効にすることはオプションです。 ワークブック名 ワークブックパス ボックス:
    ワークブック名: ファイル拡張子を含むワークブック名​​を追加すると、同じ名前と拡張子を持つワークブックを開くと、保存されたパスワードが [パスワード] ボックスに自動的に入力されます。
    ワークブックパス注: ワークブックのパスを同時に追加すると、保存されたパスワードは、指定されたパスで同じ名前と拡張子を持つワークブックを開いたときにのみ入力されます。
  • OK。 スクリーンショットを参照してください:
2.2)に戻ったとき パスワードマネージャ ダイアログボックスで、上記の手順を繰り返して他のパスワードを追加し、[ OK パスワードを保存するボタン。

注意:

1. ショットパスワードマネージャー6:パスワードを選択し、このボタンをクリックして開きます Kutools forExcel-編集 ダイアログをクリックすると、パスワードを編集できます。
2. ショットパスワードマネージャー7:パスワードを選択し、このボタンをクリックすると、この選択したパスワードをワークシートセル、Word文書などの他の場所に貼り付けることができます。 Ctrlキー + V キー。
3. ショットパスワードマネージャー8:パスワードを選択し、このボタンをクリックしてダイアログから削除します。
4. ショットパスワードマネージャー9:確認してください パスワードを表示 リストにパスワードを直接表示するには、チェックボックスをオンにします。
5. ショットパスワードマネージャー11:クリック Up or Down ボタンをクリックして、選択したパスワードを移動します。
6. ショットパスワードマネージャー12:こちらをクリック マスターパスワード ボタンをクリックすると、マスターパスワードを設定して、このダイアログにリストするすべてのパスワードを保護できます。
マスターパスワードを設定した後、ブックを開いて適用するたびにこのパスワードを入力する必要があります パスワードマネージャ ユーティリティ。
マスターパスワードを忘れた場合は、 削除します ボタンをクリックしてマスターパスワードを削除しますが、同時に、追加したすべてのパスワードを失います パスワードマネージャ.
7. :をクリックして オプション ボタンをクリックすると、以下に示すように XNUMX つのオプションが表示されます。

7.1) パスワードの変更または新しいパスワードを思い出させる:
このオプションを有効にすると、暗号化されたワークブックを開いたときに、パスワードが パスワードマネージャ Kutools for Excel にパスワードを追加するかどうかを尋ねるダイアログ ボックスが表示されます。 パスワードマネージャー にパスワードを入力した後 パスワード ダイアログ。 クリック はい パスワードを追加するか、 いいえ それを無視すること。

パスワードを変更してブックを開いても、元のパスワードがパスワードマネージャーに保存されている場合、 Kutools for Excel に保存されている元のパスワードを更新するかどうかを尋ねるダイアログ ボックスが表示されます。 パスワードマネージャに設定します。 OK をクリックします。 はい それを更新するか、 いいえ それを無視すること。

クリックした後 はい ボタン、 Kutools for Excel –追加 or Kutools for Excel –編集 ダイアログボックスがポップアップし、暗号化されたブック情報が対応するボックスに入力されていることを確認できます。をクリックします。 OK 情報を保存します。
7.2) パスワードを入力してファイルを開く:
このオプションが有効になっている場合、暗号化されたワークブックを開いて、パスワードが パスワードマネージャ、パスワードは自動的に入力されます パスワード ダイアログ ボックスを使用してブックを開きます。
7.3) Excel自身のパスワードエラーボックスを無効にする:
このオプションを有効にすると、間違ったパスワードを使用して暗号化されたブックを開いたときに、Excel独自のパスワードエラーボックス(下のスクリーンショット)が表示されません。
7.4) ファイルを再度開く前にファイルダイアログを表示する:
このオプションが有効になっている場合、間違ったパスワードで暗号化されたブックを開くと、開く別のブックを選択するための[ファイル]ダイアログがポップアップ表示されます。

8.リボンに表示されているように、デフォルトでは、 パスワードを自動的に入力 > パスワード変更を思い出させる オプションが有効になっていて、 パスワードを入力してファイルを開く オプションは無効です。 これらのオプションは、リボンに直接入ることなく、オフまたはオンにすることができます。 パスワードマネージャ ダイアログ。

9.暗号化されたブックを開くために間違ったパスワードを入力すると、 Kutools for Excel 以下のスクリーンショットのようにダイアログボックスがポップアップ表示されます。

はい、パスワードマネージャーに保存されているパスワードを使用してブックを開こうとします。
いいえ [パスワード]ダイアログが再度開きます。手動でパスワードを再入力する必要があります。
キャンセル 操作をキャンセルします。

先端:

を適用するとき 組み合わせる の有用性 Kutools for Excel パスワードで保護されたワークブックをマージするには、最初にパスワード マネージャーにパスワードを追加すると、保護されたワークブックが正常にマージされます。 または、クリックすることができます パスワード ボタンの ワークシートを組み合わせる パスワードを直接追加するダイアログ。

ショットパスワードマネージャー16

デモ:Kutools for Excelのパスワードマネージャーの使い方


推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして30日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations