Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

会計年度、半年、週番号ごとにデータをExcelのピボットテーブルにすばやくグループ化する

通常、ピボットテーブルでは、月、年、四半期ごとに日付をすばやく簡単にグループ化できます。 ただし、会計年度、半年、週番号などでデータをグループ化する必要がある場合、これらの操作を処理するための組み込み関数はありません。 しかしながら、 Kutools for Excel 強力な機能を提供します– ピボットテーブルの特別な時間のグループ化、このツールを使用すると、次の操作をすばやく解決できます。

OfficeタブOfficeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます
  • 何でも再利用: 最もよく使用される、または複雑な数式、グラフなどをお気に入りに追加して、後ですぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換します。
  • マージツール:複数のワークブックとシートをXNUMXつに。 データを失うことなく複数のセル/行/列をマージします。 重複する行と合計をマージします。
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 XNUMXつのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 XNUMX列から複数列。
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルタリングされた行; カウントと合計 背景色別; パーソナライズされた電子メールを複数の受信者にまとめて送信します。
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 並び替え 週、日、頻度など。 フィルタ 太字、数式、コメント...
  • 300 以上の強力な機能。 Office 2007-2021 および 365 で動作します。 すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。

ピボットテーブルの会計年度ごとのグループデータ

ピボットテーブルで会計年度ごとにデータをグループ化する必要がある場合は、次のようにしてください。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1に設定します。 OK をクリックします。 クツールズプラス > ピボットテーブル > ピボットテーブルの特別な時間のグループ化、スクリーンショットを参照してください:

ショットグループタイム1

2。 の中に ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

(1.)まず、会計年度ごとにグループ化されたピボットテーブルを作成するデータ範囲を選択します。

(2.)から グループ化する リストボックス、選択 会計年度 必要なオプション。

(3.)会計年度として設定する開始月を指定します。

(4.)次に、グループ化する日付列を選択します。日付でグループ化すると、ここで日付列が自動的に選択されます。

(5.)最後に、ピボットテーブルを出力する場所を選択します。必要に応じて、ピボットテーブルを新しいワークシートまたは現在のワークシートのセルに配置できます。

ショットグループタイム2

3。 設定終了後、をクリックしてください Ok ボタン、および新しい 会計年度 データ範囲の右側にヘルパー列が追加されます。

4。 次に、[ピボットテーブルフィールド]ペインの[行]セクションに会計年度を追加して、ピボットテーブルを作成します。 また、必要に応じて他のフィールドを適切なセクションにドラッグしてください。 これで、ピボットテーブルが作成され、日付が会計年度ごとにグループ化されていることがわかります。 スクリーンショットを参照してください:

ショットグループタイム3

同時に、会計年度に基づくグループ日付であるデータ範囲の横に自動追加された列があります。
ショットグループタイム4


ピボットテーブルで半年ごとにデータをグループ化する

ピボットテーブルの半年に基づいてデータをグループ化するには、次の手順を実行してください。

1に設定します。 OK をクリックします。 クツールズプラス > ピボットテーブル > ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 この機能を有効にします。

2。 の中に ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

(1.)最初に、半年ごとにグループ化されたピボットテーブルを作成するデータ範囲を選択します。

(2.)から グループ化する リストボックス、選択 半年 必要なオプション。

(3.)次に、グループ化する日付列を選択します。日付でグループ化すると、ここで日付列が自動的に選択されます。

(4.)最後に、ピボットテーブルを出力する場所を選択します。必要に応じて、ピボットテーブルを新しいワークシートまたは現在のワークシートに配置できます。

ショットグループタイム5

3。 設定終了後、をクリックしてください Ok ボタン、および新しい 半年 データ範囲の右側にヘルパー列が追加されます。

4。 次に、ピボットテーブルの任意のセルをクリックして[ピボットテーブルフィールド]ペインをアクティブにし、[半年]フィールドを[行]セクションにドラッグアンドドロップしてから、必要に応じて他のフィールドを適切なセクションにドラッグします。 これで、ピボットテーブルが作成され、日付が半年ごとにグループ化されます。 スクリーンショットを参照してください:

ショットグループタイム6

同時に、半年に基づくグループ日付であるデータ範囲の横に自動追加された列があります。
ショットグループタイム7


ピボットテーブルの週番号でデータをグループ化する

ピボットテーブルでXNUMX年以内の週番号に基づいてデータをグループ化したい場合は、この機能も役立ちます。

1。 クリックしてこの機能を適用します クツールズプラス > ピボットテーブル > ピボットテーブルの特別な時間のグループ化.

2。 の中に ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

(1.)最初に、週番号でグループ化されたピボットテーブルを作成するデータ範囲を選択します。

(2.)から グループ化する リストボックス、選択 週番号 必要なオプション。

(3.)次に、グループ化する日付列を選択します。日付でグループ化すると、ここで日付列が自動的に選択されます。

(4.)最後に、ピボットテーブルを出力する場所を選択します。必要に応じて、ピボットテーブルを新しいワークシートまたは現在のワークシートに配置できます。

ショットグループタイム8

3。 設定終了後、をクリックしてください Ok ボタン、および新しい 週番号 データ範囲の右側にヘルパー列が追加されます。

4.次に、ピボットテーブルの任意のセルをクリックして[ピボットテーブルフィールド]ペインをアクティブにし、[週番号]フィールドを[行]セクションにドラッグアンドドロップしてから、必要に応じて他のフィールドを適切なセクションにドラッグします。 これで、ピボットテーブルが作成され、日付がXNUMX年の週番号でグループ化されます。 スクリーンショットを参照してください:

ショットグループタイム9


ピボットテーブルの曜日ごとにデータをグループ化する

月曜日、火曜日のグループ化など、ピボットテーブルで曜日ごとにデータをグループ化するには、次のようにします。

1。 クリックしてこの機能を適用します クツールズプラス > ピボットテーブル > ピボットテーブルの特別な時間のグループ化.

2。 の中に ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

(1.)最初に、曜日ごとにグループ化されたピボットテーブルを作成するデータ範囲を選択します。

(2.)から グループ化する リストボックス、選択 曜日 必要なオプション。

(3.)次に、グループ化する日付列を選択します。日付でグループ化すると、ここで日付列が自動的に選択されます。

(4.)最後に、ピボットテーブルを出力する場所を選択します。必要に応じて、ピボットテーブルを新しいワークシートまたは現在のワークシートに配置できます。

ショットグループタイム10

3。 設定終了後、をクリックしてください Ok ボタン、および新しい 曜日 データ範囲の右側にヘルパー列が追加されます。

4.次に、[ピボットテーブルフィールド]ペインの[行]セクションに[XNUMX分]または[単位]フィールドを追加して、ピボットテーブルを作成します。 また、必要に応じて他のフィールドを適切なセクションにドラッグしてください。 これで、以下のスクリーンショットに示すように、日付が曜日ごとにグループ化されたピボットテーブルが作成されます。

ショットグループタイム11


ピボットテーブルでXNUMX分または特定の分ごとにデータをグループ化する

この便利な機能を使用すると、必要に応じて、ピボットテーブルでXNUMX分または特定の分ごとにデータをグループ化することもできます。

1。 クリックしてこの機能を適用します クツールズプラス > ピボットテーブル > ピボットテーブルの特別な時間のグループ化.

2. メディア ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

(1.)最初に、XNUMX分または特定の分でグループ化されたピボットテーブルを作成するデータ範囲を選択します。

(2.)から グループ化する リストボックス、選択 30分 or 必要なオプション。 (選択した場合 、使用する間隔分を指定する必要があります ボックス。)

(3.)次に、グループ化する時間列を選択します。

(4.)最後に、ピボットテーブルを出力する場所を選択します。必要に応じて、ピボットテーブルを新しいワークシートまたは現在のワークシートに配置できます。

ショットグループタイム13

3。 次に、ピボットテーブルの任意のセルをクリックして[ピボットテーブルフィールド]ペインをアクティブにし、[XNUMX分]または[分]フィールドを[行]セクションにドラッグアンドドロップしてから、必要に応じて他のフィールドを適切なセクションにドラッグします。 これで、以下のスクリーンショットに示すように、日付がXNUMX分または特定の分でグループ化されたピボットテーブルが作成されます。

ショットグループタイム14

注意:で複数の基準を確認できます ピボットテーブルの特別な時間のグループ化 データをグループ化するダイアログ。

ショットグループタイム15 ショットグループタイム16


会計年度、半年、週番号ごとにデータをExcelのピボットテーブルにすばやくグループ化する

Kutools for Excel: 300 以上の便利な Excel アドインがあり、制限なしで無料で試すことができます 30 日。 今すぐダウンロードして無料トライアル!


推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして60日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護