メインコンテンツへスキップ

Excelでスクロール領域をすばやく設定(選択されていない列と行を一度に非表示)

著者: ズーマンディ 最終更新日:2022年06月15日

Kutools for Excel

300 以上で Excel を強化
強力な機能

列と行が多すぎるワークシートがある場合は、特定の範囲内のものを除くすべての行と列を非表示にすることをお勧めします。 これを行うことで、処理する必要のある実際のデータに簡単に集中したり、ワークシート内を移動したりするのを防ぐことができます。 これとともに スクロール領域を設定する Kutools for Excelのユーティリティを使用すると、選択されていない列と行を一度にすばやく非表示にできます。


クリック クツール >> 表示と非表示 >> スクロール領域を設定します。 スクリーンショットを参照してください:

ショットセットスクロールエリア0


使用法:

1.次のように、スクロール領域として設定する範囲を選択します。

2.次に適用します スクロール領域を設定する。 そして、下の図に示すようなスクロール領域が表示されます。

注意:

  1. スクロール領域を設定するために行または列全体を選択できますが、スクロール領域を複数の連続していない範囲で構成することはできません。
  2. 「」を適用すると、スクロール領域をすばやく削除できます。すべての範囲を再表示"from"表示/非表示".
  3. 手動で削除することもできます。[すべて選択行ヘッダーと列ヘッダーの交点にある「」ボタン。任意の行番号を右クリックして「」を選択します。元に戻す「すべての行を再表示するには、任意の列文字を右クリックして「」を選択します。元に戻す"すべての列を再表示します。
  4. この機能はXNUMXつのレベルをサポートします アンドゥ。 あなたは押すことができます アンドゥ (または Ctrlキー+ Z)すぐに操作を復元します。

デモ:Excelでスクロール領域を設定(選択されていない列と行を一度に非表示)


Kutools for Excel: 300 を超える便利なツールをすぐに利用できます。 機能制限なしの 30 日間の無料トライアルを今すぐ始めてください。 今すぐダウンロード!

推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして30日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations