メインコンテンツへスキップ

Excelでしきい値に基づいて面グラフを簡単に作成

作者: シルヴィア 最終更新日:2021年01月26日

Kutools for Excel

300 以上で Excel を強化
強力な機能

月間売上高テーブルがあり、どの月の売上高が目標値を上回り、どの月の売上高が目標値を下回っているかを把握するためのグラフを作成するとします。ここでは、しきい値の面グラフを使用すると便利です。

しきい値面グラフでは、XNUMXか月の売上が目標を達成しているかどうかが一目でわかるだけでなく、エリアサイズごとに超過売上と減少売上をすべて比較して、総売上が増加しているかどうかを正確に知ることができます。 XNUMX年でダウン。

この記事では、を使用する手順を示します しきい値面グラフ of Kutools for Excel.


Excelでしきい値の面グラフを作成する

以下のスクリーンショットのように月次売上表があるとすると、次のようにして、表のデータに基づいてしきい値の面グラフを作成できます。

1.をクリックして機能を有効にします クツール > チャート > カテゴリ比較 > しきい値エリアチャート。

2。 の中に しきい値面グラフ ダイアログボックスで、次のように構成してください。

2.1) 軸ラベル:グラフの軸ラベルとして表示するセル範囲を選択します。
2.2) シリーズ値:系列値を含むセルを選択します。
2.3) Y軸のしきい値:しきい値を含むセルを選択するか、ボックスに手動でしきい値を入力します。
2.4)をクリック OK。 スクリーンショットを参照してください:

ノート:

1)しきい値を含むセルを選択すると動的なしきい値線が作成され、しきい値を変更すると線がチャート内で自動的に上下に移動します。
手動でしきい値を入力すると、グラフに固定のしきい値線が表示されます。
2)をクリックします ダイアログのボタンをクリックして、この機能のサンプルワークブックを開きます。

3。 次に、をクリックします OK ポップアップで Kutools for Excel ダイアログボックス。

これで、しきい値の面グラフが完成しました。


推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして30日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations