Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

添付ファイルマネージャー:Outlookですべてまたは検索された添付ファイルを保存/削除/圧縮/デタッチ

Outlook用Kutools 強力なリリース アタッチメントマネージャ 特徴。 このユーティリティを使用すると、選択したすべての添付ファイルを複数の電子メールから簡単に保存、削除、圧縮、または切り離すことができます。 このマネージャーを使用すると、受信メールと送信メールのすべての添付ファイルを自動的に圧縮することもできます。


添付ファイルマネージャで件名、添付ファイル名などに基づいて特定の添付ファイルを検索します

の中に アタッチメントマネージャ ウィンドウでは、特定の添付ファイルを検索してフィルタリングし、必要に応じてそれらを保存、削除、または切り離すことができます。

1。 クリック クツール > マネージャー、スクリーンショットを参照してください:

2.以下で Outlook用Kutools ダイアログで、添付ファイルを管理するフォルダを選択します。スクリーンショットを参照してください。

3.次に、をクリックします Ok ボタン、すべての添付ファイルがリストされています アタッチメントマネージャ ウィンドウ、これで アタッチメントマネージャ ウィンドウでは、添付ファイル名、メッセージの件名、添付ファイルのサイズ、電子メールの受信時間、および特定の送信者からの電子メールに基づいて、添付ファイルを検索およびフィルタリングできます。 スクリーンショットを参照してください:

ヒント:

1.添付ファイル名に基づいて添付ファイルを検索するには、を選択してください 添付ファイル名 形成する 検索範囲 ドロップダウンリストをクリックし、検索するキーワードを入力すると、対応する添付ファイルが次のスクリーンショットのように一覧表示されます。

2.メールの件名に基づいてすべての添付ファイルを検索するには、を選択してください 件名 から 検索範囲 ドロップダウンリストを選択し、検索するキーワードを入力すると、一致した添付ファイルが次のスクリーンショットのように一覧表示されます。

3.添付ファイルのサイズに基づいて添付ファイルを検索します。選択してください サイズ から 検索範囲 ドロップダウンリストから、好きな条件をXNUMXつ選択します。 等しいです ドロップダウンして、検索する添付ファイルサイズの値のサイズを入力します。スクリーンショットを参照してください。
(ノート:選択した場合 の間に オプションの場合、値の形式を次のように入力する必要があります。 value1 – value2、–文字の前後にXNUMXつのスペースが含まれている必要があります。)

4.受信時間に基づいて添付ファイルを検索します。選択してください 受付時間 から 検索範囲 ドロップダウンリストから、好きな条件をXNUMXつ選択します。 等しいです ドロップダウンして、検索する添付ファイルのサイズの日時を入力します。スクリーンショットを参照してください。
(ノート:選択した場合 の間に オプションの場合、日付形式を次のように入力する必要があります。 開始日–終了日、–文字の前後にXNUMXつのスペースが含まれている必要があります。)

5.特定の送信者に基づいて添付ファイルを検索するには、を選択してください 差出人 から 検索範囲 ドロップダウンリストに移動し、検索する送信者名のキーワードを入力すると、一致する添付ファイルが次のスクリーンショットのように一覧表示されます。


電子メールの複数またはすべての添付ファイルを特定のフォルダに保存する

の中に アタッチメントマネージャ ウィンドウでは、選択した複数の添付ファイルを多数の電子メールから特定のフォルダに一度に簡単に保存できます。 次のようにしてください。

1。 の中に アタッチメントマネージャ ウィンドウで、保存する添付ファイルを確認し、[ セットで€6 ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

2.飛び出した [設定の保存] ダイアログボックス:

(1.)をクリックします チェックした添付ファイルを保存するフォルダを選択するボタン。

(2.)添付ファイルの保存スタイルを次のように指定します。

  • チェック 以下のスタイルで添付ファイルを保存します チェックボックスをオンにします。
    添付ファイルは特定のサブフォルダー内に保存できます。確認してください 以下のスタイルでサブフォルダーを作成します オプションを選択し、必要なスタイルをXNUMXつ選択します。
    デタッチアタッチメントの名前を変更することもできます。 保存した添付ファイルの名前を以下のスタイルに変更します、使用する名前のスタイルを指定します。
  • チェックしない 以下のスタイルで添付ファイルを保存します チェックボックスをオンにすると、選択したすべての添付ファイルが、直接設定した特定のフォルダーに保存されます。

ノート:チェックすると 現在のOutlookセッションでこのダイアログを再度表示しない オプション、 [設定の保存] 適用してもダイアログボックスは表示されません すべてを救う 特徴または セットで€6 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。

ヒント: の中に [設定の保存] ダイアログボックスでは、特定の添付ファイルを保存するためのいくつかの高度な基準を設定することもできます。クリックしてください 高度な 展開されたダイアログのオプションボタンで、以下のスクリーンショットに示すように必要な条件を指定します。

3.次に、をクリックします Ok、以下のスクリーンショットに示すように、保存された添付ファイルの数を示すダイアログボックスが表示されます。 また、チェックした添付ファイルまたは作成した条件を満たす添付ファイルはすべて、特定のフォルダーに保存されます。 クリックできます このフォルダを開く 添付ファイルを保存したフォルダに移動するためのハイパーリンクテキスト。

4。 クリック Ok ダイアログボックスを閉じます。 そして、 閉じる ボタンを押して アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。


選択した添付ファイルの添付ファイルの名前を変更します

  アタッチメントマネージャ 機能は、添付ファイルの名前を直接 アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。

1。 に行く アタッチメントマネージャ ダイアログボックスで、矢印をクリックして添付ファイルを含む指定された電子メールを展開し、名前を変更する添付ファイルをクリックして選択し、[ リネーム ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

3.添付ファイル名を編集できるようになりました。新しい名前を入力して、 入力します キー。

4.次に、 閉じる ボタンを押して アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。


メールから複数またはすべての添付ファイルを削除する

複数のOutlook電子メールからフィルタリングされた添付ファイルまたはすべての添付ファイルを一括で削除する必要がある場合は、次のようにしてください。

1。 の中に アタッチメントマネージャ ダイアログボックスで、削除する添付ファイルを検索または確認してから、[ 削除 ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

2.警告ダイアログボックスが表示され、確認を求められます。 クリックしてください はい 先に進むためのボタン。

3.ダイアログボックスが表示され、以下のスクリーンショットに示すように、削除された添付ファイルの数が表示されます。 クリックしてください OK ボタン。

4.次に、 閉じる ボタンを押して アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。


電子メールからの複数またはすべての添付ファイルを圧縮する

複数のOutlook電子メールで選択した複数またはすべての添付ファイルを圧縮するには、次のようにします。

1。 に行く アタッチメントマネージャ ダイアログボックスで、圧縮する添付ファイルを検索または確認して、[ 圧縮する ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

2.そして 圧縮設定 ダイアログボックスが表示されたら、以下のスクリーンショットのように必要な操作をXNUMXつ選択します。

(1.)選択 すべての添付ファイルを圧縮します オプションで、チェックされたすべての添付ファイルが圧縮されます。

(2.)選択 次の条件に一致する添付ファイルを圧縮します オプションを選択し、必要な条件を指定すると、条件に一致する添付ファイルのみが圧縮されます。

ノート:チェックすると 現在のOutlookセッションでこのダイアログを再度表示しない オプション、 圧縮設定 適用してもダイアログボックスは表示されません すべて圧縮 特徴または 圧縮する 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。

3.次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、ダイアログボックスが表示され、圧縮された添付ファイルの数が表示されます。 クリックしてください OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

4.次に、 閉じる ボタンを押して アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。


メールを送信する前に、すべての添付ファイルを自動的に圧縮します

Outlookで電子メールを送信するときにすべての添付ファイルを自動的に圧縮する必要がある場合は、[添付ファイルマネージャー]ダイアログボックスで次のように構成してください。

1。 に行く アタッチメントマネージャ ダイアログボックスをクリックし、 オプション ボタン。 スクリーンショットを参照してください:
ヒント:をクリックすることもできます クツール > オプション (の中に 添付ファイル グループ)Outlookリボンに直接。

2。 の中に アタッチメントオプション ダイアログボックスで 圧縮する タブをクリックし、 メールを送信する前に添付ファイルを自動的に圧縮する オプションをクリックし、 Ok ボタン。

3。 クリック 閉じる ボタンを押して アタッチメントマネージャ ダイアログボックス。 これで、いくつかの添付ファイル付きの電子メールを送信すると、送信する前にすべての添付ファイルが圧縮されます。


電子メールから複数またはすべての添付ファイルを切り離します

電子メールの複数の添付ファイルを特定のフォルダーに保存し、同時にこれらの添付ファイルを削除して、対応する電子メールに保存された添付ファイルへのハイパーリンクを残したい場合は、[添付ファイルマネージャー]ウィンドウで添付ファイルを切り離すことができます。

1。 に行く アタッチメントマネージャ ダイアログボックスで、デタッチする添付ファイルをチェックして、[ デタッチ ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に デタッチ設定 ダイアログボックス、

(1.)をクリックします 切り離された添付ファイルを保存するフォルダを選択するボタン。

(2.)切り離された添付ファイルの保存スタイルを次のように指定します。

  • チェック 以下のスタイルでアタッチメントを取り外します チェックボックスをオンにします。
    切り離された添付ファイルは特定のサブフォルダー内に保存できます。確認してください 以下のスタイルでサブフォルダーを作成します オプションを選択し、必要なスタイルをXNUMXつ選択します。
    デタッチアタッチメントの名前を変更することもできます。 切り離された添付ファイルの名前を以下のスタイルに変更します、使用する名前のスタイルを指定します。
  • チェックしない 以下のスタイルでアタッチメントを取り外します チェックボックスをオンにすると、切り離されたすべての添付ファイルが、直接設定した特定のフォルダーに保存されます。

(3.)確認してください 添付ファイルアイコンはまだメールに残っています 電子メールに添付ファイルアイコンを保持する場合のオプション。

ノート:チェックすると 現在のOutlookセッションでこのダイアログを再度表示しない オプション、 デタッチ設定 適用してもダイアログボックスは表示されません すべてを切り離す 特徴または デタッチ 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。

ヒント: の中に デタッチ設定 ダイアログボックスでは、特定の添付ファイルを削除するためのいくつかの高度な基準を設定することもできます。クリックしてください 詳細オプション ボタンをクリックし、展開されたダイアログで、以下のスクリーンショットに示すように必要な条件を指定します。

3.次に、をクリックします Ok、以下のスクリーンショットに示すように、デタッチされた添付ファイルの数を示すダイアログボックスが表示されます。 また、チェックした添付ファイルまたは作成した条件を満たす添付ファイルはすべて削除され、元のメールにはハイパーリンクのみが表示されます。 クリックできます このフォルダを開く 切り離された添付ファイルを保存するフォルダーに移動するハイパーリンクテキスト。

4.次に、をクリックします。 閉じる ボタンをクリックして、[添付ファイルマネージャ]ダイアログボックスを閉じます。


添付ファイルオプション–デフォルトで添付ファイルを保存、分離、圧縮するためのいくつかの設定を設定します

の中に 添付オプション ダイアログボックスでは、これらの添付ツールのデフォルトでいくつかの設定を指定できます。

に行きます 添付オプション クリックして オプション ボタンの アタッチメントマネージャ ウィンドウ、またはをクリックします クツール > オプション (の中に 添付ファイル グループ)Outlookリボンに直接。

1. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[全般]タブで、次の操作を行います。

A:写真である添付ファイルを処理したい場合は、チェックしてください プロセス画像の添付 ボックス。
チェック 平文メッセージから添付ファイルを切り離すにはeボックスでは、添付ファイルをデタッチするときにプレーンテキストの電子メールがHTML形式に変換されます。

B:管理するOutlookフォルダを確認または再選択します。


2. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[デタッチ]タブで、次の操作を行います。

A:をクリックします 切り離された添付ファイルを保存するフォルダを指定するボタン。

B:デタッチされた添付ファイルの保存スタイルを次のように指定します。

  • チェック 以下のスタイルでアタッチメントを取り外します チェックボックスをオンにします。
    切り離された添付ファイルは特定のサブフォルダー内に保存できます。確認してください 以下のスタイルでサブフォルダーを作成します オプションを選択し、必要なスタイルをXNUMXつ選択します。
    デタッチアタッチメントの名前を変更することもできます。 切り離された添付ファイルの名前を以下のスタイルに変更します、使用する名前のスタイルを指定します。
  • チェックしない 以下のスタイルでアタッチメントを取り外します チェックボックスをオンにすると、切り離されたすべての添付ファイルが、直接設定した特定のフォルダーに保存されます。

C:確認してください 添付ファイルアイコンはまだメールに残っています 電子メールに添付ファイルアイコンを保持する場合のオプション。

D:チェックすると 現在のOutlookセッションでこの[設定の解除]ダイアログを再度表示しないでください オプション、 デタッチ設定 適用してもダイアログボックスは表示されません すべてを切り離す 特徴または デタッチ 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。


3. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[自動デタッチ]タブで、次の操作を行います。

切り離された添付ファイルを見つけるための特定のフォルダを設定し、有効にしたときに保存された添付ファイルのフォルダスタイルまたは名前変更スタイルを選択します 受信したすべての添付ファイルを自動デタッチします 特徴。


4. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[保存]タブで、次の操作を行います。

A:をクリックします 添付ファイルを保存するフォルダを指定するボタン。

B:添付ファイルの保存スタイルを次のように指定します。

  • チェック 以下のスタイルで添付ファイルを保存します チェックボックスをオンにします。
    添付ファイルは特定のサブフォルダー内に保存できます。確認してください 以下のスタイルでサブフォルダーを作成します オプションを選択し、必要なスタイルをXNUMXつ選択します。
    デタッチアタッチメントの名前を変更することもできます。 保存した添付ファイルの名前を以下のスタイルに変更します、使用する名前のスタイルを指定します。
  • チェックしない 以下のスタイルで添付ファイルを保存します チェックボックスをオンにすると、すべての添付ファイルが直接設定した特定のフォルダーに保存されます。

C:チェックすると 現在のOutlookセッションでこの[設定の保存]ダイアログを再度表示しない オプション、 [設定の保存] 適用してもダイアログボックスは表示されません すべてを救う 特徴または セットで€6 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。


5. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[自動保存]タブで、次の操作を行います。

添付ファイルを見つけるための特定のフォルダを設定し、有効にしたときに保存された添付ファイルのフォルダスタイルまたは名前の変更スタイルを選択します 受信したすべての添付ファイルを自動保存 特徴。


6. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[圧縮]タブで、次の操作を行います。

A:確認してください メールを送信する前に添付ファイルを自動的に圧縮する オプションは、電子メールを自動的に送信する前に添付ファイルを圧縮するのに役立ちます。

B:圧縮された添付ファイルのファイル拡張子を指定します。

C:指定された添付ファイル拡張子または添付ファイルサイズに基づいて圧縮除外を設定します。

D:チェックすると 現在のOutlookセッションでこの[設定の圧縮]ダイアログを再度表示しない オプション、 圧縮設定 適用してもダイアログボックスは表示されません すべて圧縮 特徴または 圧縮する 内のオプション アタッチメントマネージャ 現在のOutlookの起動時間では、次回Outlookを起動するときに、このオプションはデフォルトでオフになっています。


7. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[自動圧縮]タブで、次の操作を行います。

有効にするときに必要なファイル拡張子を指定します 受信したすべての添付ファイルを自動圧縮します 特徴。


8. [添付ファイルオプション]ダイアログボックスの[複製]タブで、次の操作を行います。

添付ファイルの保存、自動保存、デタッチ、または自動デタッチ時に重複または同じ名前の添付ファイルがある場合は、以下の方法で重複した添付ファイルを処理できます。


ノート: の中に アタッチメントマネージャ ウィンドウでは、添付ファイルアイテムを右クリックして単一の添付ファイルを処理し、必要な操作をXNUMXつ選択することもできます。スクリーンショットを参照してください。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    sergeydru68@gmail.com · 1 years ago
    Compress Multiple/All Attachments In Outlook Emails ··· what it gives me, what's the advantage??