メインコンテンツへスキップ

Outlookで受信すると、すべてまたは特定の電子メールを自動的に転送します

休暇で外出するときは、休暇中に時間通りに返信する必要のある受信メールが届く場合があります。 効率的な方法は、これらの電子メールを他の人に自動的に転送し、休暇がこれらの迷惑な電子メールによって中断されたくない場合は、他の人に応答させることです。 Outlookの組み込み機能を使用すると、受信時に電子メールを自動転送するための時間のかかるルールを設定する必要があります。 しかし今、 自動転送 の有用性 Outlook用Kutools、自動転送はもはや問題ではありません。 Outlookでは、受信時にすべての電子メールを自動的に転送できるだけでなく、特別な基準に従って特定の電子メールを自動的に転送することもできます。

Outlookで受信すると、すべての電子メールが自動転送されます

Outlookで受信したアカウントによって特定の電子メールを自動転送する

カスタマイズされたルールによって特定のメールを自動転送する

Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

Outlookで受信すると、すべての電子メールが自動転送されます

Outlook用Kutools: Outlook 用の 100 個の強力なツールのロックを解除します。 60 日間の無料トライアル、制限なし。さらに発見... やってみよう!

Outlook用Kutoolsさん 自動転送 ユーティリティを使用すると、到着したすべての電子メールは、次のようにOutlookで特定の人に自動的に転送されます。

1.をクリックして、自動転送ユーティリティを有効にしてください クツール > フォワード > 自動転送を有効にする。 スクリーンショットを参照してください:

ショットktoオートフォワード1

Note:自動転送ルールがすでに存在する場合は、最初に[自動転送]ユーティリティをクリックしてアクティブにします。 クツール > フォワード > 自動転送を有効にする、次に開きます 自動転送設定 ダイアログをクリックして クツール > フォワード > ルールマネージャー.

2.次に、 自動転送設定 ダイアログがポップアップします。 クリックしてください NEW 注:この機能を初めて使用する場合は、ダイアログにいくつかの例が表示され、参照できるようになっています。それらを削除できます。

ショットktoオートフォワード2

3。 の中に ルールウィザード ダイアログで、最初のインターフェイスのすべてのチェックボックスをオフのままにして、クリックします Next、ダイアログがポップアップ表示され、受信するすべてのメッセージに対して機能することを通知します。 スクリーンショットを参照してください:

ショットktoオートフォワード2

4.次のインターフェースで、すべてのチェックボックスをオフのままにして、クリックします Next。 スクリーンショットを参照してください:

ショットktoオートフォワード3

5.最後のステップで、ルールに名前と説明を付けて、をクリックします 受信者 転送先のメールアドレスを選択または指定するには、 ルールオプションを設定する、必要に応じてオプションを選択します。 注:あなたが去る場合 ルール備考 空白の場合、ルールはその情報の一部をルールリストの注釈として表示します。

ショットktoオートフォワード3

6。 クリック Ok、新しいルールが作成されていることがわかります 自動転送設定、クリック OK 設定を保存します。

ショットktoオートフォワード3

先端: このビデオで、 クツール タブはによって追加されます Outlook用Kutools。 必要な場合はクリックしてください こちらをクリックすると、ツールが開きます。 無制限に60日間の無料トライアルがあります!


Outlookで受信したアカウントによって特定の電子メールを自動転送する

受信時にすべての電子メールを自動転送するだけでなく、Outlookで受信したアカウントごとに特定の電子メールを自動転送することもできます。

たとえば、OutlookにXNUMXつ以上の電子メールアカウントが存在し、自動転送機能をすべての電子メールアカウントに適用したくない場合は、Outlookで受信した特定のアカウントによる電子メールのみを自動転送するように構成できます。

1.をクリックして、自動転送ユーティリティを有効にしてください クツール > フォワード > 自動転送を有効にする。 スクリーンショットを参照してください:

ショットktoオートフォワード1

Note:自動転送ルールがすでに存在する場合は、最初に[自動転送]ユーティリティをクリックしてアクティブにします。 クツール > フォワード > 自動転送を有効にする、次に開きます 自動転送設定 ダイアログをクリックして クツール > フォワード > ルールマネージャー.

2。 の中に 自動転送設定 ダイアログをクリックしてください NEW

ショットktoオートフォワード3

3.最初のポップアップインターフェイスで、チェックします 指定されたアカウントを介して チェックボックス、次に ルールの説明を編集する セクションをクリックしてください 指定の を表示する テキストが含まれています ダイアログで、自動転送するアカウントをXNUMXつ選択します。

ショットktoオートフォワード3

4。 クリック OK > Next の次のインターフェースに移動します ルールウィザード、このステップでは、例外ルールを設定できます。をクリックします。 Next この場合は直接。

5.ウィザードの最後のステップで、ルールに名前と説明を付けて、をクリックします。 受信者 転送先のメールアドレスを選択または指定するには、 ルールオプションを設定する、必要に応じてオプションを選択します。 注:あなたが去る場合 ルール備考 空白の場合、ルールはその情報の一部をルールリストの注釈として表示します。

ショットktoオートフォワード3

6。 クリック Ok > OK ルール設定を終了するには

ショットktoオートフォワード4

先端: このビデオで、 クツール タブはによって追加されます Outlook用Kutools。 必要な場合はクリックしてください こちらをクリックすると、ツールが開きます。 無制限に60日間の無料トライアルがあります!


カスタマイズされたルールによって特定のメールを自動転送する

このユーティリティを使用すると、Outlookのカスタマイズされたルールによって特定の電子メールを自動転送することもできます。 たとえば、件名、添付ファイル名などでメールを自動転送できます。

件名ごとにメールを自動転送する、以下のようにしてください。

1.有効にしてください 自動転送 クリックしてユーティリティ クツール > フォワード > 自動転送を有効にする。 スクリーンショットを参照してください:

ショットktoオートフォワード1

Note:自動転送ルールがすでに存在する場合は、最初に[自動転送]ユーティリティをアクティブにします。 クツール > フォワード > 自動転送を有効にする、次に開きます 自動転送設定 ダイアログをクリックして クツール > フォワード > ルールマネージャー.

2。 の中に 自動転送設定 ダイアログをクリックしてください NEW

3.最初のインターフェースで、 件名に特定の単語が含まれている チェックボックス、次に ルールの説明を編集する セクションをクリックします。 特定の言葉 を開く テキストが含まれています ダイアログ、クリック NEW に含めたいテキストを追加するには テキストを検索 ダイアログ。

ショットktoオートフォワード4

4。 クリック OK テキストを追加するには、XNUMXつのテキストルールで複数のテキストの関係を「and」にします。テキストルールの関係を「または」にする場合は、をクリックします。 NEW 新しいテキストを追加します。

ショットktoオートフォワード4

5。 クリック OK バックに ルールウィザード、クリック Next XNUMX番目のインターフェイスに移動します。 このステップでは、例外を設定できます。たとえば、本文に「ジョーク」が含まれている間はメールを転送しないように設定します。

ショットktoオートフォワード4

6。 クリック Next ウィザードの最後のステップでルール名、コメント、受信者、オプションを設定し、をクリックします Ok > OK 設定を終了します。 注:あなたが去る場合 ルール備考 空白の場合、ルールはその情報の一部をルールリストの注釈として表示します。

ショットktoオートフォワード14

今後、到着するメールがルールで設定した条件を満たす場合、自動転送が機能します。

ノート:

1.必要がない場合は、自動転送ユーティリティをオフにすることができます。 以下のスクリーンショットが示すように、オンとオフのステータスを確認できます。

自動転送ルールを有効にします。
ショットktoオートフォワード12

自動転送ルールを無効にします。
ショットktoオートフォワード13

自動転送ユーティリティを有効または無効にすると、通知するダイアログが表示されます。
ショットktoオートフォワード14

2.基準が長すぎて、に表示できない場合 ルールの説明 のセクション 自動転送設定 ダイアログ、あなたはチェックすることができます ルールの説明をインラインラップで表示する チェックボックスをオンにすると、説明が折り返されます。

ショットktoオートフォワード010
 下矢印
 ショットktoオートフォワード11

3.をクリックすると、作成したルールを簡単に管理できます。 クツール > フォワード > ルールマネージャー に入る 自動転送 設定 ダイアログ。

4.にリストされているルールをバッチ削除またはコピーするには 自動転送設定 ダイアログでは、最初にの助けを借りてルールを選択することができます シフト および/または Ctrlキー ボタンをクリックし、選択項目を右クリックして以下に示すようなメニューを表示し、必要なオプションを選択します。

先端: このビデオで、 クツール タブはによって追加されます Outlook用Kutools。 必要な場合はクリックしてください こちらをクリックすると、ツールが開きます。 無制限に60日間の無料トライアルがあります!


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations