Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

クツール -MicrosoftWord用の100を超える強力な機能とツール

Microsoft用Kutools® Wordは強力なアドインであり、Wordユーザーの大多数が毎日実行しなければならない時間のかかる操作から効率的に解放されます。 それはあなたの時間を節約し、あなたの仕事の効率を高めるためのツールのグループが含まれています。 18,000以上のユーザーの選択、60日間のフル機能の無料トライアル. ボックス-kutools-word-125x125
  • >> 複数の画像をフォルダ間でWord文書に一度に挿入する
  • >> フォルダ全体の複数のWordファイルを希望の順序でXNUMXつにマージして結合します
  • >> 見出し1、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します
  • >> DocとDocx、DocxとPDFの間でファイルを変換します
  • >> ワンクリックで画像を方程式に変換する、一般的な変換と選択のための他のツールのコレクションなど
 

Kutools forWordがWord2019、2016、2013、2010、2007、2003、およびOffice365でどのように時間を節約するかをご覧ください

ソフトウェアについては、それらが表示されるリボングループごとに整理して以下に説明します。

Kutoolsタブ

クツール 01
クツール 02
 
クツール 03
 
クツール 04
 
クツール 05
 
クツール 06
 
 
フィレット インセット 削除します 次の項目を選択します。: 変換  

KutoolsPlusタブ

kutoolsplustab 01
kutoolsplustab 02
 
kutoolsplustab 03
 
kutoolsplustab 05
 
kutoolsplustab 06
 
kutoolsplustab 07
 
リソースとドキュメント キャプション機能は ハイパーリンク レイアウト 詳細  

Kutoolsタブ

ファイルグループ

file

(ドキュメント)スナップショット: [共通保存]を使用せずに現在のWord文書の一時的なスナップショットを作成します。これにより、文書を閉じる前に、文書の特定のスナップショット(バックアップ)に簡単に復元できます。 現在のMicrosoftOffice Wordプロセスが閉じられると、ドキュメントのすべてのスナップショットがクリアされることに注意してください。

お気に入り: グループの概念を導入してWordでドキュメントを管理します。これにより、現在のWordドキュメントを既存のグループまたは新しいグループに追加できます。次に、追加したドキュメントをグループから直接Wordで開くことができます。

リロード: 現在のドキュメントを最後に保存された時間にリロードします。 現在のドキュメントが変更されている場合は、ドキュメントを保存するかどうかを尋ねられます。 [はい]をクリックすると、変更を加えたドキュメントが保存され、再度開きます。 [いいえ]をクリックすると、変更を保存せずにドキュメントが直接再度開きます。

名前の変更(ドキュメント): 現在のドキュメントの名前を、閉じずに直接変更します。

もっと:


グループを挿入

insert

自動テキストペイン: オートテキストは、任意のドキュメントで使用できるWordドキュメントの一部を保存する方法です。 つまり、保存した定型句を使用すると、同じ内容を何度も入力する必要がありません。

チェックボックス: 一般的に使用するためのさまざまなチェックボックスを収集します。

  • ラジオボタン: 複数のラジオボタンをXNUMXつずつ挿入することなく、ドキュメントに一度にすばやく挿入します。
  • ラジオボタンをグループ化する: 複数のラジオボタンをXNUMXつずつ挿入することなく、ドキュメント内で一度に簡単にグループ化できます。

(複数挿入)画像: フォルダーから複数の画像を希望の並べ替え順序ですばやく挿入し、画像パスをキャプションとして挿入することもできます。

もっと:

フレーム: フレームの挿入、フレームの削除、フレームのフォーマット、およびテキストボックスのフレームへの変換のためのツールのコレクション。

ブックマークペインブックマークペイン内のすべてのブックマーク名が一覧表示され、クリックするだけでブックマーク間を移動できるので便利です。

挿入(ブックマーク): この操作を適用すると、現在のカーソル位置にブックマークがすぐに挿入されます。

削除(ブックマーク): ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体からすべてのブックマークを削除します。

表示/非表示(ブックマーク記号): ワンクリックでドキュメント内のブックマーク記号の表示と非表示を切り替えます。

バーコード: カスタムバーコードとQRコードを作成および挿入するためのツールの選択。

  • バーコード: バーコードをカスタマイズしてWord文書に挿入します。
  • QRコード: カスタムQRコードを作成してWord文書に挿入します。

ファイル情報の挿入: ファイルパスまたはファイル名をドキュメントのフッターまたはヘッダーのフィールドとして挿入します。

サウザンドセパレーターを追加します。 ワンクリックで、XNUMXつずつ挿入せずに、選択範囲またはドキュメント全体の数値にXNUMX個の区切り文字を追加します。

数字を綴る: 数字を通貨の単語で綴ります。


グループを削除

削除します

段落間隔: 選択範囲またはドキュメント全体から段落の前/後/間の間隔を削除します。

削除します

  • サウザンドセパレーターを削除します。 ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体の数値から千の区切り記号を削除します。
  • ヘッダー行のクリア: ヘッダーが水平線で挿入されている場合は、ワンクリックで水平線を削除し、ヘッダーの内容を保持します。
  • 脚注を削除する: ワンクリックで選択範囲内のすべての脚注またはドキュメント全体を削除すると、脚注の番号が自動的に調整されます。
  • 巻末注を削除する: ワンクリックで選択範囲内のすべての文末脚注またはドキュメント全体を削除すると、文末脚注の番号が自動的に調整されます。
  • 隠しテキストを削除する: ワンクリックで、選択範囲内のすべての非表示テキストまたはドキュメント全体を削除します。
  • 写真を削除する: ワンクリックで、選択範囲内のすべての画像またはドキュメント全体を削除します。
  • コメントを削除: ワンクリックで、選択範囲内のすべてのコメントまたはドキュメント全体を削除します。
  • ドロップキャップを取り外します: ワンクリックで、選択範囲内のすべてのドロップキャップまたはドキュメント全体を削除します。
  • ハイパーリンクを削除する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体からすべてのハイパーリンクを削除します。
  • フレームを削除する: ワンクリックで、選択範囲内のすべてのフレームまたはドキュメント全体を削除しますが、テキストは保持します。
  • HTMLコントロールを削除する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体の入力ボックス、ボタン、その他のHTMLコントロールなどのすべてのHTMLコントロールを削除します。
  • テーブルを削除する: ワンクリックで選択範囲からすべてのテーブルまたはドキュメント全体を削除すると、テーブルの内容も削除されます。
  • すべてのブックマークを削除します。 ワンクリックで、ドキュメント全体からすべてのブックマークをすばやく削除できます。
  • すべてのテキストボックスを削除する: ドキュメント全体からすべてのテキストボックスを削除します。テキストを削除せずにすべてのテキストボックスの境界線をすばやく削除するか、テキストボックスの境界線とWordのテキストの両方を削除できます。
  • すべてのマクロを削除する: Wordで[VBAプロジェクトオブジェクトモデルモデルへのアクセスを信頼する]オプションをオンにした後、ワンクリックで選択範囲内のすべてのマクロまたはドキュメント全体を削除します。

(削除)休憩: 選択範囲またはドキュメント全体の改ページ、列区切り、セクション区切り、またはすべての区切りを削除するためのツールのグループ。

  • 改ページを削除する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体からすべての改ページを削除します。
  • 列区切りを削除する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体のすべての列区切りを削除します。
  • セクション区切りを削除する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体のすべてのセクション区切りを削除します。
  • すべての休憩を削除します:ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体のセクション区切り、改ページ、列区切りを含むすべての区切りを削除します。

(削除)インデント: さまざまなインデントをすばやく削除するためのツールのグループ。

  • すべてのスペース/タブインデントを削除する: ワンクリックで、スペースキーまたはTabキーを使用してインデントされた最初の行の先頭にあるすべてのインデントを削除します。
  • すべての最初の行のインデントを削除する: ワンクリックで、水平ルーラーの最初の行のインデントマーカーによってインデントされている最初の行の先頭にあるすべてのインデントを削除します。
  • 左のインデントをすべて削除する: ワンクリックで、現在のドキュメントの水平ルーラーの左インデントマーカーによってインデントされているすべての左インデントを削除します。
  • すべての右インデントを削除する: ワンクリックで、現在のドキュメントの水平ルーラーの右インデントマーカーでインデントされているすべての右インデントを削除します。
  • すべてのインデントを削除する: ワンクリックで現在のドキュメントのすべてのインデント(最初/左/右のインデントを含む)を削除すると、ドキュメント全体がテキストを左に揃えるように設定されます。

空のパラ:


グループを選択

select

(選択)ページ: 現在のページ/奇数ページ/偶数ページ/特定のページを選択するためのツールのグループ

  • 現在のページを選択: ワンクリックで、現在のWord文書の現在のページを選択します。
  • 奇数ページを選択: ワンクリックで、現在のWord文書の奇数ページをすべて選択します。
  • ページの選択: 必要に応じて、Word文書内の特定の連続ページまたは不連続ページを選択します。 たとえば、10ページから20ページまでのページのみを選択するか、1ページ、5ページ、9ページ、11ページを個別に選択します。
  • 偶数ページを選択: ワンクリックで、Word文書の偶数ページをすべて選択します。

(選択)テーブル:

  • テーブルの選択: 選択範囲内のすべてのテーブルまたはドキュメント全体を選択します。 指定したテーブル全体を選択したい場合は、テーブルにカーソルを置いてこの操作を適用してください。
  • 単一行テーブルを選択します: 選択範囲またはドキュメント全体にXNUMX行のみを含むすべてのテーブルを選択します。
  • 単一列テーブルを選択します: 選択範囲またはドキュメント全体にXNUMXつの列のみを含むすべてのテーブルを選択します。
  • 単一セルテーブルを選択: 選択範囲またはドキュメント全体でXNUMXつのセルのみを含むすべてのテーブルを選択します。
  • 最初の行を選択: 選択したテーブルの各テーブルまたはWord文書全体から最初の行をすべて選択します。 XNUMXつのテーブルから最初の行を選択するだけの場合は、必要なテーブルにカーソルを置いてから、この操作を適用します。
  • 最後の行を選択: 選択したテーブルの各テーブルまたはWord文書全体から最後の行をすべて選択します。 XNUMXつのテーブルから最後の行を選択するだけの場合は、必要なテーブルにカーソルを置いてから、この操作を適用します。
  • 最初の列を選択: 選択したテーブルの各テーブルまたはWord文書全体から最初の列をすべて選択します。 XNUMXつのテーブルから最初の列を選択するだけの場合は、必要なテーブルにカーソルを置いてから、この操作を適用します。
  • 最後の列を選択: 選択したテーブルの各テーブルまたはWord文書全体から最後の行をすべて選択します。 XNUMXつのテーブルから最後の行を選択するだけの場合は、必要なテーブルにカーソルを置いてから、この操作を適用します。
  • 次のページ間テーブル:複数のページにまたがるテーブルを選択します。

(選択)形状: ワンクリックで、現在のドキュメントからすべての図形を選択します。

段落を選択: さまざまな段落の選択をはるかに簡単にするツールのコレクション。

  • 空白の段落を選択する: ワンクリックで、選択範囲またはWord文書全体の空白の段落をすべて選択します。
  • 短い段落を選択する: ワンクリックで、選択範囲またはドキュメント全体に含まれる文字が30文字未満のすべての段落を選択します。
  • 見出し段落を選択します: ワンクリックで、選択範囲内のすべての見出し段落またはドキュメント全体を選択します。 注意:見出しスタイルが組み込まれている段落のみを選択できます。
  • 見出しのない段落を選択する: ワンクリックで、選択範囲またはWord文書全体で組み込みの見出しスタイルを使用する段落を除くすべての段落を選択します。
  • 方程式を選択: ワンクリックで、選択中の方程式を含むすべての段落またはWord文書全体を選択します。
  • [Wordオブジェクトの段落を埋め込む]を選択します: ワンクリックで、選択範囲内の埋め込みWordオブジェクトまたはWord文書全体を含むすべての段落を選択します。
  • [Visioオブジェクト段落を埋め込む]を選択します: ワンクリックで、選択範囲に埋め込まれたVisioオブジェクトまたはWord文書全体を含むすべての段落を選択します。
  • 埋め込みオブジェクト段落を選択します: ワンクリックで、Wordオブジェクト、Visioオブジェクト、Word数式、画像、その他の種類のオブジェクトを含む埋め込みオブジェクトを含むすべての段落を選択するか、Word文書全体を選択します。
  • 単一オブジェクトの段落を選択する: ワンクリックで、選択範囲にXNUMXつのオブジェクトのみを埋め込むすべての段落またはドキュメント全体を選択します。
  • 段落の最終行を選択: Word文書に組み込まれている最後の行スタイルのXNUMXつのタイプに従って、表または段落からすべての最後の行を選択します。選択範囲または文書全体で機能します。

グループを変換する

変換

変換します。 Wordの日常業務で一般的な変換を行うためのツールのコレクション

リストをテキストに変換: 箇条書きまたはナンバリングリストを選択範囲またはドキュメント全体のプレーンテキストに変換して、箇条書きまたはナンバリングのみを削除し、内容を保持できるようにします。

(変換)表をテキストに: 選択範囲のすべてのテーブルまたはドキュメント全体を特定の区切り文字を含むテキストに変換します。

タブをスペースに変換: 選択範囲内のすべてのタブ文字(Tabキーで入力)またはドキュメント全体をスペース文字に変換します。


KutoolsPlusタブ

リソース&ドキュメントグループ

rd

輸出入: Wordでデータをエクスポートまたはインポートするための操作のコレクション

  • コメントのエクスポート: コメントの挿入時間、コメントユーザー、コメントの内容など、現在のドキュメントのすべてのコメントを新しいドキュメントにエクスポートします。
  • (インポート/エクスポート)カスタム辞書: 通常使用するコンピュータからカスタムディクショナリをエクスポートしてから、このユーティリティを使用してカスタムディクショナリを新しいコンピュータにインポートします。
  • (インポート/エクスポート)オートコレクト: オートコレクトエントリをインポートまたはエクスポートして、あるコンピュータから別のコンピュータにオートコレクトエントリを転送します。
  • 画像のエクスポート: 現在のドキュメントのすべての画像を特定の画像形式(Jpeg、Gif、Png、またはその他の画像タイプ)としてフォルダーにエクスポートします。
  • ドキュメントを画像としてエクスポート: ドキュメントをjpeg、png、またはその他の画像形式にエクスポートまたは保存します。また、保存するすべての画像を管理するためのHTMLページを作成することもできます。
  • テーブルを画像にエクスポート: すべてのテーブルを現在のドキュメントから特定の画像形式(Jpeg、Gif、Png、またはその他の画像タイプ)としてフォルダーにエクスポートします。
  • 範囲をファイルにエクスポート: 選択した範囲を独立した単一のWord / Text / PDFおよびその他の形式のファイルとしてエクスポートしてフォルダーに保存します。

分割ドキュメント: 見出し1、改ページ、またはセクション区切りに従って、現在のドキュメントを複数の個別のドキュメントに分割します。

ドキュメントのマージ:  複数のドキュメントをフォルダからWordでXNUMXつのドキュメントに配置してマージします。

Doc / Docx Converter: バッチは、DocとDocx、DocxとDoc、DocxとPDFの間のフォルダーから複数のドキュメントを変換します。

バッチ検索と置換 複数のWord文書またはTXTファイル内の文字列をバッチ検索して置換します。

バッチ印刷: 複数のWord文書またはそれらの文書構成をまとめて印刷します。


キャプショングループ

キャプションが

キャプションペイン: ペイン内の現在のドキュメントのすべての種類のキャプションを一覧表示します。 キャプション間をすばやく移動したり、カーソル位置で選択したキャプションを相互参照したりできます。

(挿入)複数のキャプション: ワンクリックで、ドキュメントのすべての表、方程式、図にキャプションを挿入できます。また、SmartArtとChartのキャプションをドキュメントに挿入することもできます。

挿入(キャプション): 選択した表、図、方程式にキャプションを挿入するためのツールのコレクション。

キャプションの選択: 選択範囲またはドキュメント全体で表のキャプション、図のキャプション、方程式のキャプションを選択するためのツールのコレクション。

キャプションの再構築:  表の下または上のテキスト(図と方程式)を使用して、表、図、または方程式のキャプションを再構築するためのツールのコレクション。 注意:テキストには数字を含める必要があります(テキスト1など)。 たとえば、インターネットからの複数の図とそのキャプションをWordで貼り付ける場合、図のキャプションを相互参照する場合は、図のキャプションをXNUMXつずつ手動で挿入する必要があります。 ただし、このコレクションを使用すると、元のテキストをキャプションに簡単に変換できます。

  • テーブルキャプションの再構築: 表の下または上のテキストを使用して、表のキャプションを再構築します。 テキストには数字を含める必要があります(テキスト1、テーブル名22、xxxx 3など)。
  • 図のキャプションを再構築する: 図の下または上のテキストを使用して、図のキャプションを再構築します。 テキストには数字を含める必要があります(テキスト1、図22、xxxx 3など)。
  • 方程式のキャプションを再構築する: 方程式の下または上のテキストを使用して、方程式のキャプションを再構築します。 テキストには数字を含める必要があります(テキスト1、式22、xxxx 3など)。

参照(キャプション): 現在のドキュメントのすべてのキャプションを一覧表示します。キャプションアイテムをクリックすると、現在のドキュメントのカーソル位置で相互参照できます。

キャプションを更新: 一部のキャプションが削除されている間に、キャプションを更新します。 たとえば、表5、1…2のように5つの表のキャプションがある場合、表1を削除すると、キャプションが表2、3、5、4になることがあります。今回は、各キャプションの順序が乱れています。 [キャプションの更新]を使用すると、キャプション全体を通常の番号順に戻すことができます。

もっと: キャプションを取得し、参照を置き、エラー参照を削除するためのツールのコレクション。

  • キャプションを取得: 参照するキャプションをピックアップしてから、[参照を置く]操作を使用して、現在のドキュメントのピックアップキャプションを相互参照できます。
  • 参照を置く: 現在のドキュメントのピックアップ参照を相互参照します。 この操作を適用する前に、最初に「キャプションをピックアップ」を適用して、参照としてキャプションをピックアップする必要があります。
  • エラーリファレンス: 現在のドキュメント内のすべての壊れた相互参照(エラー!参照ソースが見つかりません)を検索し、ワンクリックで壊れた相互参照のみを削除するか、壊れた相互参照とテキストを削除します。

ハイパーリンクグループ

ハイパーリンク

ハイパーリンクマネージャー: Lハイパーリンクアドレスの変更、ハイパーリンクテキストの編集、リンクのみのクリア、ハイパーリンク間をすばやく快適に移動するなど、ハイパーリンクをすばやく管理できるように、現在のドキュメントのすべてのハイパーリンクをリストに追加します。

作成(複数のハイパーリンク): 同じハイパーリンクURL(Webページ/フォルダー//ファイル/電子メール/ドキュメントの位置)と画面のヒントを、ドキュメントで指定したテキストにすばやくバッチ挿入します。 たとえば、表示テキストとして「Kutools」を設定すると、すべての「Kutools」の単語に同じハイパーリンクURLが挿入されます。

(挿入)ハイパーリンク: 選択範囲へのハイパーリンクを作成して挿入します。

削除(ハイパーリンク): 選択範囲のすべてのハイパーリンクまたはドキュメント全体から、ワンクリックでハイパーリンクアドレスのみを削除します。 

ハイパーリンクをコピーする: ポップダイアログにすべてのハイパーリンクを一覧表示し、クリップボードにすべてのハイパーリンクをコピーしてから、ハイパーリンクまたはアドレスとしてのみ貼り付けることができます。


テーブルグループ

テーブル

行/列の削除: 選択範囲内のテーブルまたはドキュメント全体から、空または重複するすべてのテーブル行とテーブル列を削除します。

(変換)表をテキストに変換: 選択範囲のすべてのテーブルまたはドキュメント全体を、特定の区切り文字を使用してテキストにすばやく変換します。

斜めヘッダー: 5種類の対角テーブルヘッダーが組み込まれた、選択したテーブルに対角テーブルヘッダーを作成します。

転置テーブル: テーブル列テーブル行、テーブル行を選択したテーブルのテーブル列に置き換えます。


レイアウトグループ

レイアウト

短い最後の行: ドキュメントを印刷する必要があるときに印刷用紙を節約するために、最後の短い行(15文字未満)で終わるすべての段落を調整および圧縮します。

サイズ変更(画像): ワンクリックで、画像の現在のサイズのパーセンテージに基づいてすべての画像サイズのサイズを変更します。

  • 選択して画像のサイズを変更する:選択した画像のサイズに基づいて、現在のドキュメントのすべての画像のサイズを変更します。

グループの表示

ビュー

ディスプレイの設定:  段落記号の表示の切り替え、非表示のテキストの表示の切り替え、タブ文字の表示の切り替えなど、通常使用される設定をすばやく変更するためのユーティリティ。

Windowsの切り替え: [ウィンドウの切り替え]プルダウンメニューに表示されている開いているすべてのドキュメントウィンドウをすばやく切り替えます。現在のドキュメント名の前にチェックマークが付いています。

もっと: 開いているドキュメントウィンドウを結合して閉じるためのツールのコレクション。

  • Windowsを組み合わせる: タスクバーで現在開いているすべてのWord文書ウィンドウを表示/非表示にします。
  • 他のウィンドウを閉じる: 現在開いているものを除くすべてのドキュメントウィンドウを閉じます。
  • 窓の上を閉じる: 現在開いているドキュメントウィンドウの前にあるすべてのドキュメントウィンドウを閉じます。
  • Windowsの下を閉じる: 現在開いているウィンドウの後で、すべてのドキュメントウィンドウを閉じます。
  • すべて閉じる: 次の操作を処理するためのツールのコレクション。