Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Wordでソフトリターンをハードリターンにすばやく置き換えるか変換する

すべてのソフトリターン(手動の改行)をハードリターン(段落記号)に置き換えるか変換する必要がある場合、Wordでそれを行うには少なくともいくつかの手順が必要になる場合があります。 しかし、 Kutools for Wordさん 手動改行を段落記号に変換する ユーティリティを使用すると、Wordですべてのソフトリターンをハードリターンにすばやく置き換えるか変換できます。

ハードリターン:を押す 入力します Wordのキーで段落を終了します。 正式には、ハードリターンの入力として知られています。 はい、PCではキーがEnterと呼ばれていても、それはリターンです。 ハードリターンの問題は、段落の後に少しマージンが追加されることです。 よかったです; ドキュメントの段落の周囲に余白が必要です。

ソフトリターン:空気が欲しくないとき、テキストの行を近づける必要があるときは、ソフトリターンを使用します。 ソフトリターン、つまり改行は、主にタイトルと見出しで使用されます。 タイトルが長く、XNUMX行に分割する必要がある場合は、 Shiftキー+ Enterキー ソフトリターンを挿入します。

ドキュメント全体ですべてのソフトリターンをハードリターンに変換または置換します

ドキュメントの一部で、すべてのソフトリターンをハードリターンに変換または置換します


矢印青い右バブル ナビゲーションヘッダーの クツール > 変換 > 段落記号。 スクリーンショットを参照してください:

ソフトリターンをハードリターン001にショット変換


矢印青い右バブル ドキュメント全体ですべてのソフトリターンをハードリターンに変換または置換します

以下のスクリーンショットに示すように、ドキュメント内のすべてのソフトリターン(手動の改行)をハードリターン(段落記号)に置き換えるか変換する場合は、次のようにすばやく実行できます。

1.現在のドキュメントにカーソルを置き、クリックしてユーティリティを適用します クツール> 変換 > 段落記号.

2.以下のスクリーンショットに示すような結果が表示されます。


矢印青い右バブル ドキュメントの一部で、すべてのソフトリターンをハードリターンに変換または置換します

以下のスクリーンショットに示すように、ドキュメントの一部ですべてのソフトリターンをハードリターンに変換または置換するだけの場合は、次のように実行できます。

1.すべてのソフトリターンをハードリターンに変換するドキュメントの部分を強調表示して選択してください。 次に、をクリックしてユーティリティを適用します クツール > 変換 > 段落記号.

2.以下のスクリーンショットに示すような結果が表示されます。


矢印青い右バブル 関連機能


 

これはKutoolsforWordの唯一のツールです

li-オレンジKutools for Word Wordで時間のかかる操作を実行する必要がなくなります。

li-オレンジWord 2019、2016、2013、2010、2007、2003、およびOffice365用の便利なツールのバンドル付き。

li-オレンジ使いやすく、Windows XP、Windows 7、Windows 8/10、およびWindowsVistaにインストールできます。

より多くの機能  |  無料ダウンロード  |  今すぐ購入する

Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.