Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ファイル情報(ファイル名、ファイルパス)をWordのヘッダーまたはフッターにすばやく挿入します 

ファイル名やファイルパスなどの現在のドキュメント情報をWordのヘッダーまたはフッターに挿入するには、通常、ヘッダーまたはフッターを挿入するときにこれらのファイル情報を挿入できます。 しかし、この記事では、便利なユーティリティを紹介します-ファイル情報の挿入 of Kutools for Word、この機能を使用すると、必要に応じてファイル名またはファイルパスをヘッダーまたはフッターにすばやく挿入できます。

Word文書のヘッダーまたはフッターにファイル名を挿入します

Word文書のヘッダーまたはフッターにファイルパスを挿入します


Word文書のヘッダーまたはフッターにファイル名を挿入します

現在のWord文書のヘッダーまたはフッターにファイル名を挿入するには、次のようにします。

1。 ファイル名をヘッダーまたはフッターとして挿入するWordファイルを開き、[ クツール > ファイル情報の挿入、スクリーンショットを参照してください:

ショット挿入ファイル情報1

2。 の中に ファイル情報の挿入 ダイアログボックス:

(1.)選択 ファイル名 から 種類 セクション;

(2.)次に、 ヘッダ or フッター ファイル名を挿入する場所。

(3.)最後に、ファイル名を挿入するヘッダーまたはフッターの場所を指定します。選択できます , , 真ん中 必要に応じて。 スクリーンショットを参照してください:

ショット挿入ファイル情報2

3。 次に、をクリックします。 Ok ダイアログボックスを閉じると、指定したヘッダーまたはフッターにファイル名が挿入されていることがわかります。スクリーンショットを参照してください。

ショット挿入ファイル情報3


Word文書のヘッダーまたはフッターにファイルパスを挿入します

ファイルパスをヘッダーまたはフッターとして挿入する場合は、次のようにしてください。

1。 ファイルパスをヘッダーまたはフッターとして挿入するWordファイルを開き、[]をクリックしてこの機能を適用します。 クツール > ファイル情報の挿入.

2。 の中に ファイル情報の挿入 ダイアログボックス:

(1.)を選択します ファイルパス から 種類 セクション;

(2.)次に、 ヘッダ or フッター ファイル名を挿入する場所。

(3.)最後に、ファイル名を挿入するヘッダーまたはフッターの場所を指定します。選択できます , , 真ん中 必要に応じて。 スクリーンショットを参照してください:

ショット挿入ファイル情報4

3。 次に、をクリックします Ok ボタンをクリックすると、現在のドキュメントのファイルパスが指定したヘッダーまたはフッターに挿入されています。スクリーンショットを参照してください。

ショット挿入ファイル情報5

注意:使用中はヘッダーにも行が挿入されます ファイル情報の挿入 ファイル名またはパスを挿入するには、必要がない場合はクリックして削除します 削除します > ヘッダー行をクリア.

ショット挿入ファイル情報6


デモ:ファイル情報(ファイル名、ファイルパス)をWordのヘッダーまたはフッターに挿入します

Kutools for Word:100以上の便利なWordアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!


 

これはKutoolsforWordの唯一のツールです

li-オレンジKutools for Word Wordで時間のかかる操作を実行する必要がなくなります。

li-オレンジWord2021-2003およびOffice365用の便利なツールのバンドル付き。

li-オレンジ使いやすく、Windows XP、Windows 7、Windows 8/10/11、およびWindowsVistaにインストールできます。

より多くの機能  |  無料ダウンロード  |  今すぐ購入する

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護