Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Wordで現在のドキュメントの場所と自動回復フォルダをすばやく開く

現在のドキュメントのフォルダをWordで開きたい場合は、Kutools for Word's 現在のドキュメントの場所を開く ユーティリティは、現在のドキュメントのフォルダをすばやく開くことができます。 さらに、Kutools for Wordを使用して、デフォルトの保存場所、自動回復場所、およびユーザーテンプレートの場所をすばやく開くこともできます。

現在のドキュメントのフォルダをWordで開く

Wordでデフォルトの保存場所を開く

Wordで自動回復の場所を開く

Wordでユーザーテンプレートの場所を開く


矢印青い右バブル ナビゲーションヘッダーの クツール >> その他 >> 現在のドキュメントの場所を開く。 スクリーンショットを参照してください:

現在のドキュメントの場所を開いてショット1


矢印青い右バブル 現在のドキュメントのフォルダをWordで開く

Wordでドキュメントを開き、現在のドキュメントのフォルダーにアクセスする場合は、次のようにして現在のドキュメントのフォルダーをすばやく開くか、アクセスできます。

1.開きたいドキュメントウィンドウをアクティブにするか、Wordでそのフォルダにアクセスし、をクリックしてユーティリティを適用してください クツール >> その他 >> 現在のドキュメントの場所を開く.

2.以下のスクリーンショットに示すように、現在のドキュメントのフォルダーが開きます。


矢印青い右バブル Wordでデフォルトの保存場所を開く

Wordでデフォルトの保存場所をすばやく開いたりアクセスしたりする場合は、次のように取得できます。

1. Wordを開き、クリックしてこのユーティリティを適用します クツール >> その他 >> デフォルトの保存場所を開く.

2.以下のスクリーンショットに示すように、Wordアプリケーションのデフォルトの保存フォルダーが開きます。


矢印青い右バブル Wordで自動回復の場所を開く

Wordで自動回復の場所をすばやく開いたり、アクセスしたりする場合は、次のように実行できます。

1. Wordアプリケーションを開き、[なめる]をクリックしてこのユーティリティを適用します クツール >> その他 >> 自動回復場所.

2.以下のスクリーンショットに示すように、Wordアプリケーションの自動回復場所が開きます。


矢印青い右バブル Wordでユーザーテンプレートの場所を開く

Wordでユーザーテンプレートの場所をすばやく開いたりアクセスしたりする場合は、次のように実行できます。

1. Wordアプリケーションを開き、をクリックしてこのユーティリティを適用します クツール >> その他 >> ユーザーテンプレートの場所を開く.

2.以下のスクリーンショットに示すように、Wordのユーザーテンプレートの場所が開きます。

通常、ユーザーテンプレートフォルダのパスは C:\ Users \ your user name \ appdata \ roaming \ microsoft \ templates。 ユーザー名がJamesの場合、「james」が「あなたのユーザー名 ".


矢印青い右バブル 関連機能


 

これはKutoolsforWordの唯一のツールです

li-オレンジKutools for Word Wordで時間のかかる操作を実行する必要がなくなります。

li-オレンジWord 2019、2016、2013、2010、2007、2003、およびOffice365用の便利なツールのバンドル付き。

li-オレンジ使いやすく、Windows XP、Windows 7、Windows 8/10、およびWindowsVistaにインストールできます。

より多くの機能  |  無料ダウンロード  |  今すぐ購入する

Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.