ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Office Tab -Microsoft Office 2019、2016-2003およびOffice 365でのドキュメントのタブブラウジング、編集、管理


Officeタブは、Google Chrome、FirefoxなどのWebブラウザーのように、単一のタブ付きウィンドウで複数のOfficeドキュメントを開いたり、表示したり、編集したりすることをサポートします。

タブ付きのインターフェイスをMicrosoftOffice 2019、2016、2013、2010、2007、2003、およびOffice 365(Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Access、Project、Visioを含む)に提供します。


  •  タブ内の複数のファイルの読み取り、編集、および管理
  •  すべてのファイルを簡単に開いたり、保存したり、閉じたりできます
  •  タブに色を付けてファイルを識別する
  •  グループごとのファイルの分類と管理
  •   90,000人以上のユーザーの選択。 30日間のフル機能の無料トライアル。 クレジットカードは必要ありません!
 

コンポーネントを含める:

オフィスタブエンタープライズ

Office Tab

 Tabs for Word
 Tabs for Excel
 Tabs for PowerPoint
 Tabs for Publisher
 Tabs for Access
 Tabs for Project
 Tabs for Visio

save_document

すべてをワンクリックで保存

Office Tabの主な利点は、アクションを統合することで時間を節約できることです。 たとえば、複数のファイルを開いた場合、それらを個別に保存して閉じる必要はありません。 コンテキストメニューから「すべて保存」をクリックするだけで、すべてのファイルが保存されます。 開いているすべてのファイルを閉じたいですか? 「すべて閉じる」を選択するだけで、すべてのファイルが閉じられます。

管理-ドキュメント-製品

グループ内のドキュメントの詳細の管理

[Office]タブで、保存したMicrosoftOfficeファイルをグループに追加できます。 ドキュメントのグループやExcelファイルのグループなどをすばやく開くことができます。 このお気に入りグループ機能を使用すると、MicrosoftOfficeアプリケーションのドキュメントのグループに次の操作を簡単に適用できます。

グループにドキュメントを追加します。
ドキュメントのグループを開きます。
ドキュメントのグループを閉じます。
ドキュメントのグループを保存します。

リネーム

ファイルの名前を簡単に変更

ファイルの名前を変更するために[名前を付けて保存]ダイアログを開く必要はありません。 タブのコンテキストメニューで[名前の変更]をクリックして、新しいファイル名を入力するだけです。とても簡単です。 ファイルを別のフォルダに保存する場合は、コンテキストメニューから[名前を付けて保存]を選択します。

フルネーム1

完全なファイル名を表示します

通常、ファイル名が長い場合、Windowsタスクバーにはその一部しか表示されません。これは多くの場合問題になります。 ただし、Officeタブをインストールすると、ファイル名の長さに関係なく、ファイル名全体をタブバーに表示できます。

コンテキストメニュー

便利なコンテキストメニュー

タブまたはタブバーを右クリックして、タブ/タブバーのコンテキストメニューにアクセスします。 [Office]タブでは、Microsoft Officeの一般的なコマンド項目もいくつか組み合わされているため、これらの項目にすばやくアクセスできます。

使いやすい

使いやすい

タブ付きのインターフェイスを使用すると、XNUMXつのウィンドウで複数のドキュメントを開くことができます。 各ドキュメントは(新しいウィンドウではなく)ウィンドウ内に新しいタブとして表示され、ワンクリックでアクセスできます。 この機能により、Microsoft Officeプログラム(Word、Excel、PowerPoint、Project、Publisher、Access、Visio)を操作する際の効率が向上します。

ee_icon_4

高性能

[Office]タブは、標準のMicrosoftOfficeアドインテクノロジに基づいています。 標準アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることはなく、ファイルサイズは非常に小さくなります。

移動タブ

タブを移動する

タブはドラッグするだけで簡単に移動できます。 マウスを使用してタブを切り替えるか、Alt + Nを押してタブをアクティブにすることができます(「N」はタブ順序「1、2、3…」です)。

外観

タブの外観をカスタマイズする

タブとタブバーの色はカスタマイズ可能です。 あなたが選ぶことができる11のスタイルがあります。 各スタイル内で、フォントスタイルと各タブの名前を好みに合わせて変更できます(これらの変更を適用するには、Microsoft Officeを閉じて再起動する必要があります)。

より強力な機能


たくさんのショートカット

Officeタブは、タブの処理、タブバーの非表示/表示、タブの切り替え、特定のタブの選択を行うための組み込みのショートカットとユーザー定義のショートカットを多数サポートしています。 パーソナライズされたショートカットは簡単に割り当てることができます。

タブバーの表示/非表示

タブバーは、ワークスペースの上部、下部、右側、または左側に配置できます。 タブがXNUMXつしかない場合は、タブバーを非表示にすることもできます。 カスタマイズ可能なショートカットキー(デフォルトのショートカットキーは「Win + Q」)を使用して、タブバーを表示または非表示にすることもできます。

ドキュメントを開く

コンテキストメニューには、「開く」、「新しいウィンドウで開く」、「フォルダを開く」のオプションが含まれています。 既存のファイルやフォルダを開いたり、複数のタブ付きウィンドウを開いたりするのは簡単です。

オールインワン設定センター

Officeタブには強力な設定センターがあり、すべてのOfficeタブ設定を構成できます。 タブセンターを使用して、タブを個別に有効/無効にする、ショートカットを使用する(または使用しない)、上下左右の位置にタブバーを表示する、タブスタイルを選択する、タブスタイルをカスタマイズするなど、すべての設定を操作できます。タブの色。

新しい文書を作成する

タブバーの空白部分にある左ボタンをダブルクリックするか、コンテキストメニューの[新規]コマンド項目を使用することを選択すると、新しいドキュメントをすばやく作成できます。

ドキュメントを保存する

コンテキストメニューの[保存]および[すべて保存]コマンドを使用すると、ワンクリックですべてのドキュメントを保存できます。 [Office]タブでは、変更されたドキュメントまたはブックのファイル名にアスタリスク(*)が付いて、変更されたステータスを示します。

ドキュメントを閉じる

コンテキストメニューには、[閉じる]、[すべて閉じる]、[その他を閉じる]のオプションも含まれており、開いているドキュメントを柔軟に閉じることができます。タブの左ボタンをダブルクリックするか、マウスの中ボタンをクリックすると、すばやく移動できます。開いたドキュメントを閉じます。

タブの長さをカスタマイズする

タブの長さは、自動、自己適応、または固定に設定できます(デフォルトの長さは「自動」です)。 自動は、可能な限り多くのファイル名を表示します。 自己適応型は、タブで使用可能なスペースに応じてファイル名を表示します。 タブの長さが固定されている場合、すべてのタブの長さは同じになります。