Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Officeタブ:タスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にするにはどうすればよいですか?

Officeタブを有効にしてタスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にする方法を知りたい場合は、次のように実行できます。

Office 2003、2007、および2010のタスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にする

Office2013以降のバージョンのタスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にする


Office 2003、2007、および2010のタスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にする

Officeタブが有効になっているタスクバーにOfficeアプリケーションの開いているすべてのウィンドウを表示する場合は、チェックしてください。 タスクバーにすべてのウィンドウを表示する 内のオプション オフィスタブセンター.

たとえば、このオプションをチェックすると Tabs for Excel、以下のスクリーンショットに示すように、開いているすべてのExcelウィンドウがタスクバーに表示されます。

ヒント:

1.特定のOfficeアプリケーションの開いているすべてのウィンドウをタスクバーに表示したくない場合は、チェックを外してください タスクバーにすべてのウィンドウを表示する 内のオプション オフィスタブセンター 特定のOfficeアプリケーション用。

2.このオプションは、Word 2003、2007、および2010では使用できません。


Office2013以降のバージョンのタスクバーで開いているすべてのウィンドウを表示または非表示にする

Office 2013以降のバージョンを使用している場合、タスクバーで開いているウィンドウを表示または非表示にするには、 オフィスタブセンター、チェック タスクバーにすべてのドキュメントを表示する 必要に応じて、スクリーンショットを参照してください。

次に、設定を保存すると、開いているすべてのファイルがタスクバーに表示されます。スクリーンショットを参照してください。

ヒント:

1.タスクバーで特定のOfficeアプリケーションの開いているウィンドウをすべて非表示にする場合は、チェックを外してください タスクバーにすべてのドキュメントを表示する 内のオプション オフィスタブセンター 特定のOfficeアプリケーション用。

2.このオプションは、Word2013以降のバージョンで使用できます。


Firefox、Chrome、IE10などのMicrosoftOfficeアプリケーションでタブを使用する!

30日で無料トライアル| 今すぐ購入

コメントを並べ替える
コメント (1)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Спасибо помогло
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護