Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookで指定した電子メールアカウントまたはすべてのメールボックスの下にあるフォルダーの数を数える方法は?

この記事では、指定した電子メールアカウントまたはOutlookのすべてのメールボックスの下にあるフォルダーの数を数えることについて説明しています。

指定された電子メールアカウントまたはVBAコードを持つすべてのメールボックスの下のフォルダーの数を数えます

OfficeタブOfficeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます
  • 何でも再利用: 最もよく使用される、または複雑な数式、グラフなどをお気に入りに追加して、後ですぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換します。
  • マージツール:複数のワークブックとシートをXNUMXつに。 データを失うことなく複数のセル/行/列をマージします。 重複する行と合計をマージします。
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 XNUMXつのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 XNUMX列から複数列。
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルタリングされた行; カウントと合計 背景色別; パーソナライズされた電子メールを複数の受信者にまとめて送信します。
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 並び替え 週、日、頻度など。 フィルタ 太字、数式、コメント...
  • 300以上の強力な機能。 Office2007-2019および365で動作します。 すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。

指定された電子メールアカウントまたはVBAコードを持つすべてのメールボックスの下のフォルダーの数を数えます

指定したメールアカウントまたは以下のVBAコードを持つすべてのメールボックスの下にあるフォルダの数を数えることができます。 次のようにしてください。

1。 プレス 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック インセット > ユーザーフォーム。 スクリーンショットを参照してください:

3.次にXNUMXつ挿入します オプションボタン そして、2 コマンドボタンユーザーフォーム1、および以下のスクリーンショットのようにボタンの表示テキストを変更します。

4.最初のオプションボタンの名前を「opbCurAccount」と変更します プロパティへ 。 スクリーンショットを参照してください:

5番目のオプションボタンの名前を「opbAllAccounts」。 次に、XNUMXつのコマンドボタンの名前を「cdbOK"と"cdbキャンセル" 別々に。

6. UserForm1の空白の場所をダブルクリックし、Userform1(コード)ウィンドウで元のコードを以下のVBAコードに置き換えます。

VBAコード:Outlookのフォルダーの数を数える

Option Explicit
'Update by Extendoffice 20180504
Public xRet As Boolean
Private Sub cdbCancel_Click()
xRet = False
UserForm1.Hide
End Sub
Private Sub cdbOk_Click()
xRet = True
UserForm1.Hide
End Sub
7. Click Insert > Module. Then copy below VBA code into the Module window.
VBA code: Count number of folders in Outlook
Function GetSubFolderCount(ParentFolder As Folder) As Long
    Dim xSubFolders As Folders
    Dim xCurFolder As Outlook.Folder
    Dim xFoldersCount As Integer
    On Error Resume Next
    Set xSubFolders = ParentFolder.Folders
    If xSubFolders.Count > 0 Then
       Set xCurFolder = xSubFolders.GetFirst
       While TypeName(xCurFolder) = "MAPIFolder"
          xFoldersCount = xFoldersCount + GetSubFolderCount(xCurFolder)
         Set xCurFolder = xSubFolders.GetNext
       Wend
       GetSubFolderCount = xFoldersCount + xSubFolders.Count
    Else
        GetSubFolderCount = 0
    End If
    End Function
    
    Sub CountFoldersInOutlook()
    Dim xNameSpace As NameSpace
    Dim xFolder As Folder
    Dim xAllFoldersCount As Long
    On Error Resume Next
    UserForm1.Show
    If UserForm1.xRet Then
        Set xNameSpace = Outlook.Application.Session
        If UserForm1.opbCurAccount.Value Then
            Set xFolder = Outlook.Application.ActiveExplorer.CurrentFolder.Store.GetRootFolder
            xAllFoldersCount = GetSubFolderCount(xFolder)
        ElseIf UserForm1.opbAllAccounts.Value Then
            For Each xFolder In xNameSpace.Folders
                xAllFoldersCount = xAllFoldersCount + GetSubFolderCount(xFolder)
            Next
        End If
    Else
        Exit Sub
    End If
    MsgBox "Total Folders: " & xAllFoldersCount, vbInformation + vbOKOnly, "Kutools for Outlook"
    End Sub

8. Press the F5 key to run the code. Then a UserForm1 dialog box pops up, for counting number of folders in current account, please select the Current Account option and click the OK button. For counting number of folders in all mailboxes, choose the All Accounts option and then click the OK button. See screenshot:

9. Then a Kutools for Outlook dialog box pops up to tell you how many folders existing in current account or all mailboxes as below screenshot. Please click the OK button.

Note: All hidden folders such as the Conversation Action Settings folder and the Quick Step Settings folder are included in the folder counting.


Related articles:


The Best Office Productivity Tools

Kutools for Excel Solves Most of Your Problems, and Increases Your Productivity by 80%

  • Reuse: Quickly insert complex formulas, charts and anything that you have used before; Encrypt Cells with password; Create Mailing List and send emails...
  • Super Formula Bar (easily edit multiple lines of text and formula); Reading Layout (easily read and edit large numbers of cells); Paste to Filtered Range...
  • Merge Cells/Rows/Columns without losing Data; Split Cells Content; Combine Duplicate Rows/Columns... Prevent Duplicate Cells; Compare Ranges...
  • Select Duplicate or Unique Rows; Select Blank Rows (all cells are empty); Super Find and Fuzzy Find in Many Workbooks; Random Select...
  • Exact Copy Multiple Cells without changing formula reference; Auto Create References to Multiple Sheets; Insert Bullets, Check Boxes and more...
  • Extract Text, Add Text, Remove by Position, Remove Space; Create and Print Paging Subtotals; Convert Between Cells Content and Comments...
  • Super Filter (save and apply filter schemes to other sheets); Advanced Sort by month/week/day, frequency and more; Special Filter by bold, italic...
  • Combine Workbooks and WorkSheets; Merge Tables based on key columns; Split Data into Multiple Sheets; Batch Convert xls, xlsx and PDF...
  • More than 300 powerful features. Supports Office/Excel 2007-2019 and 365. Supports all languages. Easy deploying in your enterprise or organization. Full features 30-day free trial. 60-day money back guarantee.
kte tab 201905

Office Tab Brings Tabbed interface to Office, and Make Your Work Much Easier

  • Enable tabbed editing and reading in Word, Excel, PowerPoint, Publisher, Access, Visio and Project.
  • Open and create multiple documents in new tabs of the same window, rather than in new windows.
  • Increases your productivity by 50%, and reduces hundreds of mouse clicks for you every day!
officetab bottom
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations